イエローナイフ 犬ぞり 白瀬大尉

 カナダ旅行の続き。大分間が空いてしまったが。
 イエローナイフは、オーロラの他にはホント、なんにもない。なんにもないので、できることも自然と種類が限られる。
 というわけで、「イエローナイフ行ってきました」サイトには必ず載ってる「犬ぞりツアー」に、やっぱり行ってきたわけで。

犬ぞりの犬 こちら、イエローナイフ郊外にある、プロの犬ぞり選手(?)のお宅。
 犬ぞり選手権世界第3位、ってローカルなのかグローバルなのか。このとき、ご本人はヨーロッパ遠征でお留守。お宅には、トロフィーやたてがいっぱい飾ってあった。
 余談だが、地面の影にも注目。太陽が低いので、昼過ぎでも、こんなに影が長い。さすが極地と感心しきり。

 犬たちはみな、犬ぞり用に特別に訓練された犬だ。先頭を走る賢い奴なら100万円以上。世界選手権クラスの犬を犬ぞり一台分そろえると、ちょっとしたスポーツカー並みの価格になるとか。
 ここでは犬のブリーディングも行われていて、僕ら観光客の相手と並んで、貴重な収入源なのだそうな。

 というわけで、僕ら観光客の相手をしてくれる、おそらく並クラスの犬たちが、長ーい紐(?)に一頭づつつながれている。で、この紐の先にあるのが...。
犬ぞり これが犬ぞり。6人乗り。弁当箱にウインナーをつめるように人間が積み込まれる。容赦ゼロ。ぎゅうぎゅうに詰め込まれる。いっぺんのったら、足も動かせない。

 でもって、出発!

湖を行く犬ぞり 真っ白いのは湖。すっかり凍っている。
 右下にある黒いのは、そりの中、僕の前に詰め込まれたお姉さんのどたま。
 犬たちが元気なときは、結構スピードが出る。視点が低いので、なかなかの迫力。
 犬たちが疲れてきたり難所だったりすると、ちょっとスピードは落ちる。
 後ろでは、犬ぞりの運転手(犬ぞり選手見習いのおにいさん)が、口笛や叱咤激励で、犬をコントロールする。
 ご覧の通りいい天気で、さほど寒さも感じず、壮快だった。

 犬ぞりと言えば、以前、南極探検の白瀬矗大尉の伝記で読んだことがある。
 曰く、犬ぞりの犬は、必ず走りながら排泄させると。
 ほんとかいな、と、そのときは思ったものだが。

 ほんとだった。

 走っている途中、前の方からなんどか「ぷうん」とにおってくる。
 ああなるほどと、かつての白瀬大尉の偉業に思いを馳せたりして。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

イエローナイフ空港でクマー!

 イエローナイフの玄関口、イエローナイフ空港はとても小さな空港だ。
 ターミナルもバスもない。飛行機を降りると、マイナス10度の寒気にさらされながら、旅客は建物まで歩く。
イエローナイフ空港のシロクマ 建物に入ると、真っ先にお出迎えしてくれるのが、このシロクマ。
 イエローナイフ空港のシンボルだ。
 写真左下をよく見てほしい。シロクマ君はアザラシ狩りの最中だったりする。躍動感あふれるポーズに注目。

シロクマから逃げるアザラシ「えへっ。逃げちゃった」とでも言いたげなアザラシ(笑)。
 イエローナイフでは、いたるところでシロクマにご対面できる。航空会社のマーク。自動車のナンバープレート。州議会議事堂では、尾頭付きの毛皮が敷物になっている。「知恵を授けてくれる」という、原住民の伝承だそうな。
 でも、ホンモノのシロクマはイエローナイフにいないようだ。
カナディアンノースのマークイエローナイフのシロクマ型ナンバープレート(写真撮影は,いずれも著者による)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

イエローナイフとは

(1)SFマンガ「エイリアン9」に登場するエイリアンの名称。
 作者は富沢ひとし
エイリアンイエローナイフ「作戦.11 イエローナイフ」より登場。クジラのように巨大な身体で、第9小学校の校舎にぼんやり座っていた。
 データによればイエローナイフは植物型エイリアンで、「*美味*」「餌に最適」とあるが、そのような描写は本編ではなかった。
(図版は「エイリアン9 コンプリート」(富沢ひとし/秋田書店)より。)

(2)カナダの都市名。
イエローナイフフランクリン通り 北緯62度、西経144度、標高206メートル。ちなみに釧路の北緯が42度58分。冬の平均気温はマイナス20度を下回る。
 日本の面積の4倍もあるノースウェスト準州の州都でありながら、人口は2万人にも満たない。本当に小さな街。
 州議会、イエローナイフ空港がある。
 主な産業は金鉱とダイヤモンド鉱山。一部日本では「オーロラの見える街」として有名。
(写真はイエローナイフのフランクリン通り。イエローナイフで信号機がある通りはここだけ。撮影は著者。)

 ってな感じで、続きます。

| | Comments (39) | TrackBack (0)