トンネルズ&トロールズ完全版シナリオ:おっとビールをもう一杯

 祝、トンネルズ&トロールズ完全版発売!
 先週GMやったシナリオを手直ししてUPします。
トンネルズ&トロールズ完全版シナリオ:おっとビールをもう一杯

| | Comments (1) | TrackBack (27)

ブログを書くのにどれくらい時間がかかるか?

 お姉様のお願いで、新しい記事を一つ書いてみます。
 ブログに書くのがどれくらい時間がかかるの? という質問があったからです。
 現在、デスクトップの時計は9:28。
 さて、アップ時間はどれくらいでしょう?

| | Comments (462) | TrackBack (0)

ノーウッドの建築屋

 SFとはまったく関係ないネタ。
 ノーウッドの建築屋と言えば、言わずと知れたシャーロックホームズの傑作短編だが、これについては思うところがある。
 ネタバレ全快なので、未読の方は回避されたい。

Continue reading "ノーウッドの建築屋"

| | Comments (180) | TrackBack (0)

確かタイトルは「地球最後の日」

 HOTELネタが、一部で盛り上がっているようで、うれしい。

 2ちゃんねるで単独スレッドが立ったりしてる。
 週刊誌の読み切りでは滅多に無いことじゃなかろうか。
 なになに「ラパエルはラファエルの韓国読み?」だって?

 そんなこんなで、大分前(20年以上)に読んだショートショートを思い出した。
 なにかのマイコン雑誌(死後)に載ってた奴。確かこんな感じ。忘れないうちに書き留めておこう。


 未来の地球。人類はとうに滅んでいる。
 自己増殖する兵器だけが生き残って、2つの陣営に分かれて、戦っている。

 兵器には「基地」と「戦車」の2つのタイプがあって、戦車は移動力を持ち索敵と破壊を繰り返す。
 基地には移動力が無く、資源の発掘と自軍戦車への補給を行う。また、まれに「胞子」とでも言うべきユニットを放出する。運良く資源を見つけた胞子はその場に根を下ろし、新たな基地へと成長する。
 戦車も基地も、自分のコピーをつくることができる。たまにミスコピーが起こり、空飛ぶ戦車やドリル戦車が生まれることもあるが、エネルギー効率が悪かったのか大方淘汰される。それでも、基地も戦車も少しずつ進化していく。

 あるとき、奇跡が起こる。

 ある基地に敵軍の胞子が紛れ込んだことで、中立の基地が生まれる。どちらの戦車からも攻撃されない中立の基地は、あっという間に地球を覆い尽くす。
 中立基地は資源を求め、より深い場所に「根」をおろそうとする。

 そして遥か未来。

 白骨のように白くなった地球が、ゆっくりと月に近づいて行く。
 まさにぶつかろうかという瞬間、地球は大きな「口」をあけると、月を飲み込んでしまう。

| | Comments (180) | TrackBack (0)

ヘドリアン女王の曽我町子さんが

 電子戦隊デンジマンのヘドリアン女王役他、個性的な役柄を数々こなされた俳優/声優の曽我町子さんが、お亡くなりになったとのこと。
 ご自宅のマンションに、お一人で暮らしていたんですね。

 wikiのプロフィールを見ると、ああ、「5年3組魔法組」のベルバラさんとか、「愛の戦士レインボーマン」のゴッドイグアナとか、懐かしくも素晴らしい役名が踊っているではないか。
 ご冥福をお祈りします。
 でも、もしもわがままをきいてもらえるのなら、そのまま生き返ってください。
 そして巨大化して、街を破壊してください。

| | Comments (131) | TrackBack (0)

プレゼンの基本は「愛してる」「幸せにする」

 会社で回覧された「プレゼンの極意」なる記事。
 めっぽう面白かったので書き留めておこう。

 プレゼンには、説明、報告、提案の3つのパターンがある。
 中でも提案のプレゼンは、プロポーズに似ている。
 重要なのは、「愛してる」「幸せにする」のふたつが、相手に伝わること。

「愛してる」とは、相手に好意を持っているという意思表示である。
「幸せにする」とは、パートナーシップによって相手に利益をもたらすということである。

 そして「どちらかが欠けても、提案のプレゼンは成功しない」と、記事は結んでいる。

 なるほど、「どうして自分に?」と思うような提案は、うさんくさくて受ける気にならないだろう。「メリットが無い提案」なんて論外だ。
 当たり前のことなんだけど、意外とできてないかもしれないなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユダの裏切りは裏切りだったのか

 「私を裏切りなさい」

 そんなキャプションの記事にぎょっとした。以下のサイトが一番詳しいか。

 1700年前のパピルス文書『ユダの福音書』を修復・公開 ユダに関する新説を提示

 ユダの裏切りは、イエスの命によるものだった。
 イエスにとって、ユダ=イスカリオテこそが唯一の理解者だった。

 そう書かれた古文書が見つかったという。
 正直、創作の世界ではありふれたネタなんだけど、歴史学上のニュースとしてはインパクト大だ。

 もちろん、この発見=ユダの再評価、ということにはならないだろう。リンク先にも書かれている通り、当時の社会でも様々な解釈が出ていた傍証に過ぎない。
 過去に何があったのか。本当のことは、結局推し量るしかない。
 そのへんは、他の福音書も同じことだけどね。

 このニュースがどのように受け止められて行くのか、気になるところだ。
 今後の学術調査の結果も含め、見守って行きたいと思う。

| | Comments (357) | TrackBack (0)

電子戦隊デンジマン26年ぶりの映画化話?

 電子戦隊デンジマンが、映画化されるらしい。

 うへー。「キャシャーン」「デビルマン」の二の舞かよ、と思った貴方!
 どうも、邦画ではないらしい。
 なんと、マーヴル・コミック・グループが絡んでいるらしいのだ。

 デンジマンは元々、マーヴル・コミック・グループと縁が深い。

 東映版スパイダーマン(言わずと知れたマーヴルの看板)、バトルフィーバーJ(ミスアメリカが出てる)と同じく、マーヴル提携の作品なのだ。へぇ。

 マーヴルは今、次々と映画事業を拡大している。
「パワーレンジャーっぽいものをつくりたいが、著作権でもめるのはイヤだ」ということで、デンジマンに白羽の矢が立ったのではないだろうか。
 サム・ライミ(監督でなく製作)が趣味で選んだ、という説も、棄てがたいが。

 プロットは、基本的にオリジナルに近いようだ。

 3000年ベーダー一族に滅ぼされたデンジ星人の末裔たち。
 彼らは、地球に移住し、平和に過ごしていた。
 しかし、ベーダー一族の魔の手は、ついに地球に達したのであった。

 ただし、映画版ベーダー一族の戦力は圧倒的で、最初デンジマンはボコボコにやられるらしい。
「もう勝てないよ。逃げよう。」
「ここに逃げてきたんじゃない。宇宙のどこに逃げるって言うの!」
 てな感じだろうか。

 配役は未定とのことだが、ヘドリアン女王の配役はシガニー・ウィーバーらしい。
 これは見たい!!

(追記2006年4月2日)

Continue reading "電子戦隊デンジマン26年ぶりの映画化話?"

| | Comments (13) | TrackBack (1)

ナイチンゲールとエイダの意外な接点

 白衣の天使こと、フローレンス・ナイチンゲールと、史上初のプログラマ(と言われることの多い)オーガスタ・エイダ・バイロン。
 一見、共通点の無い彼女たちだが、偶然、二人がとても近い年代だということに気がついた。

 エイダが「コンピュータの祖」バベッジと運命の出会いをした17歳。
 そのとき、ナイチンゲールは13歳。
 うわっ、いかにもライトノベルに書かれそうなネタだ!!

 二人は、どちらも「イギリス人」で「裕福な上流階級」の出身だ。
 そしてもうひとつ、意外な共通点がある。
 数学的才能だ。

 詩人の父からは洞察力を、数学者の母からロジカルな思考力を受け継ぎ、19世紀でコンピュータの本質を見抜いたエイダ。
 一方ナイチンゲールは、統計の分野でも多くの業績を残し、Wikipediaには「統計学者」と書かれている。ちょっと意外。

 歴史の中で、二人に接点はあったんだろうか。そんなことを考えたりする。

 もうひとり、イギリス人で裕福な上流階級で、数学に縁が深い女性に、アリス・リデルがいるが、彼女が生まれるのは、もう少し未来になる。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

あったらやだな−コンピュータ編−

 こんなコンピュータ、あったらやだな。

 ひまつぶしでハノイの塔を解いてしまうコンピュータ。

「あ、ちょい待って。もうすぐ終わるから。」

| | Comments (6) | TrackBack (0)